「現地現物」の精神で、
さまざまな課題に取り組んでいます。

「現地現物」の精神で企業の現場を見て、企業や自治体の方と一緒に活動することで移り変わりの激しい生きた経済を学び、広い視野で社会を視る力を養っています。「学生が主役」となって自ら考えて行動することで、愛知の観光振興策の提案や旅行やお菓子の商品企画を行って います。企業や自治体との連携の経験はコミュニケーション能力などの社会人基礎力の育成となり、学生は「実学としての経済学」を身に付けることで、幅広い分野でグローバルに活躍できる人材に成長しています。

大学椙山女学園大学
学部現代マネジメント学部
教授水野英雄准教授
受講学生数2年生11名、3年生10名、4年生11名
対象学年2~4年生

ゼミ生一問一答

どうして水野ゼミを選んだのですか?

人気のゼミであり、大学生活で様々な経験をしたいと思い、このゼミを選びました。商品企画や観光振興等を通し、新たな学びを得、成長する事が出来ると思ったからです。

自分は元々金融系に興味があったのですが、大学生活を送っていくうちに金融も視野に入れつつ他の分野も知っていきたいと考えるようになり、金融や経済も含め幅広い分野を学ぶことができるこのゼミを選びました。

学生が主体的に、観光促進や商品開発など様々な活動を行っていることに興味を持ちました。先輩の活躍を見て、楽しく成長できると思いこのゼミを選びました!

水野ゼミでは多くの企業と連携し何かに取り組む機会が多く、貴重な経験ができると思ったからです。

実際に自分たちで現地調査をし、「生きた経済」を学ぶ事で知識が広がり、今までに無い経験や、学びができると思ったからです。

先生はどんな方ですか?

どんな時でも学生と真剣に向き合い、的確なアドバイスをしてくださり、いつも私達にやる気を与えてくださいます。

学生思いで、ゼミだけでなく、就活や学校生活についても、親身に相談に乗ってくださります。

とても話しやすく、発想力も豊かで課題などで困っている時など色々な切り口からアドバイスをくれます。

とても優しくユーモアがある先生で、学生に自由に活動をさせてくれます。

今後の目標は何ですか?

ゼミ生みんなの発想力や企画力を生かして、ビジネスプランコンテストやまちづくりアワードに参加したいです!

ゼミでの活動を通して自分たちが感じたことやSDGsなどの社会課題について後輩にもっと伝えていきたいです。また、ゼミで学んだことや実際に行った活動を通じた関心を今後の就職活動などにも生かしていきたいです。

今取り組んでいる清須市の観光による街づくりから、多くの人に訪れてもらい魅力を知っていただけるよう、ゼミ生みんなで話し合い、良いもの生み出せるよう頑張りたいです。

ゼミ生から一言

観光について現地調査をしたり、企業と協力して商品開発をしたりなど、座学では学べないことを学べるゼミです!

水野先生からひとこと

熱心な学生が多く、企業や自治体と連携して意欲的に活動しています。大学時代の経験は人生において大いに役立ちます。自分を成長させるために、積極的に取り組んでください。

Twitter@SugiyamaMizuno
Instagram@sugiyamamizuno
ホームページhttp://www.mgt.sugiyama-u.ac.jp/mizuno/top.html
Youtube椙山女学園大学現代マネジメント学部水野英雄ゼミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

個人情報の取扱についてフリーペーパーREAL公式サイト:WEB-REAL運営会社:株式会社インテルプレス